止水プラグや下水道カメラ

長時間エアレーションやオキシデーションディッチでは最初沈殿池は設けないが最終沈殿池は活性汚泥と清澄な処理水とを分離するために必ず設ける構造水面積負荷計画1日最大汚水量に対して20~30m3(m2d)が標準。
 
止水プラグのサポト等は安全のため圧力に耐えられる。
 
貨車利用消化汚泥の運搬汚泥処理甜汚泥はさらに火力乾燥され名古屋産活性汚泥肥料のブランドで広く販売された汚泥コンポスト日本では下水汚泥を公園や農地に適用する。にあたってはコンポスト処理が施される。
 
処理で物理学的処理ともいわれています流入してきた下水中のBDの除去率は25~35%程度といわれています。活性汚泥槽では、下水道カメラ活性汚泥と沈殿池からの上澄み水とが混合され、有機物の分解が行われております。
 
水道水が無駄にならないよう常に努力をしています。渇水では水道事業者の給水車が出動して各家庭に水を配給しますが、もともと取水制限しているため、つくられる水道水も十分な量が確保できない。